ウィッグの毛って何でできてるの?

ウィッグの毛って何でできてるのでしょうか?
人の毛のような気もするし、人工的な毛もあるし。。

ウィッグには大きくわけて「人毛」と「人工毛」の2種類あります。

○人毛

文字のとおりで、人間の毛髪でできています。
人の毛髪を工場で染色・加工してできます。
日本に入ってきているウィッグは髪色や質が似ていることから
中国など東南アジアからきていることが多いです。
本物の髪の毛を集めて作っているので、人工毛よりも値段が高いですが、
見た目、光沢、手ざわりがより自然です。
自分の髪のように普段からウィッグを使いたい場合は
ちょっとフンパツして人毛ウィッグを購入するのがよいでしょう。

○人工毛

人工毛とは化学繊維やファイバーでなどの素材から作られた毛のことをいいます。
今の若い女性がオシャレ用に使っているウィッグの多くは化学繊維でできているものが主流です。
人工毛のウィッグは値段も手ごろなものが多いですし、
耐熱性のウィッグも多くでており、ヘアアイロンやドライヤーなども使え
アレンジもできるタイプもあります。
化学繊維だと、ウィッグだとバレバレなんじゃない?と、
心配される方もいらっしゃるかもしれませんが
最近の化学繊維のウィッグはとってもよくできており
ナチュラルで自然なものが多く、一見するとウィッグだと
わからないものもが多いですよ。
オシャレアイテムとしてウィッグを楽しむなら
価格も安い人工毛のウィッグがオススメです。